【時事】三菱自動車

決算書サーフィン

■今週の記事

“三菱自動車の現金創出力が回復する。企業が自由に使えるお金を示す純現金収支(フリーキャッシュフロー、FCF)は2018年3月期に数十億円の黒字になりそうだ。燃費不正があった17年3月期(1189億円の赤字)から大きく改善する。無駄な在庫を省くなど、同社の会長も兼務する日産自動車のカルロス・ゴーン会長流の経営管理を進めた効果が出る見通しだ。資金は課題だった新車開発に重点投資する。”

(日経web版8月31日)

三菱自、18年3月期の純現金収支が改善 日産流で黒字確保
三菱自動車の現金創出力が回復する。企業が自由に使えるお金を示す純現金収支(フリーキャッシュフロー、FCF)は2018年3月期に数十億円の黒字になりそうだ。燃費不正があった17年3月期(1189億円の赤字)から大きく改善する。無駄な在庫を省くなど、同社の会長も兼務する日産自動車のカルロス・ゴーン会長流の経営管理を進めた効...

今回は燃費不正で以前苦戦していた三菱自動車をみていきます。

■三菱自動車のカラーマップ

 

http://www.mitsubishi-motors.com/content/dam/com/ir_jp/pdf/financial/2017/170509-2l.pdf

営業利益率はあまり高くなく、課題はまだありそうです。

■三菱自動車のイマ・ミライ

設備投資、研究開発費ともに増加させる模様です。

http://www.mitsubishi-motors.com/content/dam/com/ir_jp/pdf/financial/2017/170509-3l.pdf

日本のデザインとはかなり違うようです。

コメント